軽貨物でも慎重に|専用箱に入れて安全に購入者の元へ

ダンボール

繊細な作り

実施者

精密機器の輸送は事前準備が重要

精密機器を輸送するには、専門の運送業者にお願いする必要があります。通常の貨物や機械と異なり、特別な配慮が求められるからです。一般的に精密機器というのは、サーバを含むコンピュータ類、銀行のATM、医療機器、光学機器そして検査測定用の機器類などを示します。これらの精密機器を輸送する際は、それに適した輸送方法と手段を使わなければなりません。精密機器にとって衝撃や温度、湿度などは大敵です。輸送中のトラブルを避けるため、これらの点に配慮した輸送システムが必要になります。最近は、精密機器の輸送に適したエアサスペンションを持つ車両が用いられます。リフトゲートを標準装備した車両も必要です。また、静電気に対応した資材やユニフォーム、さらには空調車両なども使用されます。

作業実施に際して十分な検討が必要

精密機器の輸送が決まったら、まず、手順を綿密に計画する必要があります。どのような精密機器をいつ、どこからどこまで運ぶか、ということを一つ一つ確認しながら、手順を決めなければなりません。輸送対象の精密機器の現物を確認し、搬出ルートと搬出口の確認、適切な車両の選定と車両への積み降ろし手順の検討、移動ルートの検討も必要です。さらに、搬入先での荷降ろし作業の確認と搬入口および搬入ルートのチェック、最後に設置場所の確認までが事前に検討すべき計画案になります。詳細部分を十分に練り上げて輸送プランを作成します。そのプランが承認されたのちに、実際の輸送作業を実施することになります。精密機器の特徴に合わせたプランの詳細な作成がポイントです。