軽貨物でも慎重に|専用箱に入れて安全に購入者の元へ

作業員

専用の箱

ワーカー

作業者の経験が重要となるのは、精密機器の梱包から輸送までの工程です。精密機器は種類が多く、それぞれに適した専用箱が用意されています。箱が適していないと故障の危険性が高まります。

Read More...

繊細な作り

実施者

様々な製品の中でも、精密機器は特別扱いされていると言っても過言ではありません。とても繊細な作りとなっているので、配送の際にも注意が必要なのです。輸送プランをしっかり立てると安心です。

Read More...

厳重な梱包

トラック

精密機器を購入者まで届ける際には、壊れないように厳重な梱包がされるでしょう。なるべく衝撃を吸収してくれる素材で梱包し、業者が慎重に配送すれば故障の危険性を下げることが可能です。

Read More...

注意して運ぶ

トラック

精密機器の概要や種類

お仕事で精密機器等を運搬したり、搬入作業に携わったりしている方もいらっしゃると思います。今回はその様な方の為に、精密機器を取り扱うにあたっての注意点などを書いてみたいと思います。そもそも精密機器とはどの様なものなのでしょう。精密機器とは、極めて細かい機械の部品を組み合わせて構成された、とても壊れやすく複雑な仕組みの機械の事を言います。代表的な物には、古くは時計やカメラ等が挙げられていましたが、最近では主にMRI装置やレントゲン撮影機、内視鏡装置等の医療機器やコピー機、半導体装置等が挙げられます。精密機器は様々な分野の色々な場面で使用されますし、人が生活していく中でも身近な所で使用されています。小さな機器であれば軽貨物として扱われています。中には大きな機器もあるので、それに適した箱に入れられて配送されているのです。軽貨物だからといって安心は出来ません。どんなサイズでも丁寧に扱うことが重要なのです。

輸送時の注意点と運搬方法

精密機器の輸送には、気を付けなければいけない事が沢山あります。精密機器は、とても繊細なので少しの衝撃でも壊れてしまう可能性が高いです。なので、輸送する前の準備の段階で厳重な梱包をしたり、緩衝材を隙間に敷き詰めたりして十分に対策を施してから移動を行います。また、精密機器を輸送するトラックには、荷台への衝撃を少なくする為にエアーサスペンションを搭載したトラックを使用するのがほとんどです。輸送の移動手段も高速道路を使用する事で、荷物への衝撃を少なくしている場合が多いです。巨大な半導体装置の移動の場合には、半導体装置はとても巨大な物が多いので、特殊な幅広トレーラー等を使用して輸送を行います。この時、安全の為に先導車と呼ばれる乗用車も併走する場合が多いです。この様に、精密機器はとても衝撃に弱いので、輸送時には様々な方法で精密機器を保護しながら輸送を行います。